Strict Standards: mktime(): You should be using the time() function instead in /home/sites/heteml/users/f/x/x/fxxks/web/msg-macintosh-support.com/2nd/ysk/blog/modules/module_debug.php on line 95
YSK - ギンギラギンにさりげなく MSG-MACINTOSH-SUPPORT/2nd

YSK - ギンギラギンにさりげなく MSG-MACINTOSH-SUPPORT/2nd

About This Blog

YSK

Author : YSK
TITLE : ギンギラギンにさりげなく
TEXT : YSK
JOB : MSG ENTER TAINER
BIRTH : 1977 2.9
BIRTH PLACE : TOKYO

Calendar

« September 2017
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

search

Comments


XMLフィード(RSS 1.0) 
Atomフィード 

夢の中にだけ生きて

Wednesday 06 January 2010 at 07:00 am

んー

なんていい歌だ

何回聞いてもあきない

この歌には色々な想い出がある

これを聞くたび色んな想いでが出てくくるから

いろんな角度から聞く事ができるんだろうな

この曲にであって良かった

あんまりいい気分だから、後二回聞いたら眠りにつくだろう

電車の音だ、

誰かが歩く音だ

ジャー。これはきっと下水の音

どんな音とハーモーニしてもこの曲は色褪せない

だめだ、眠い、あと何回聞いたら眠るだろう

夢の中でも聞いていたい、、ら、いいな、、、

zzz。。。

生きてる

Wednesday 06 January 2010 at 06:29 am

俺の事を笑うやつ誰だ、もっと笑わせてやるから側においで

俺を傷つけるやつは誰だ、いいよお前ならいくら傷つけられても守ってやる

俺を呼ぶのは誰だ

風か昨日か

情景か

できれば明日に呼んでほしい

俺は未来が好きだから

未来はしらない事だらけでわくわくするんだぜ 

俺を優しくするメロデイそれはあなたが良く聞く歌でした

あ、こんな時間なのにまた聞こえてきやがった

君は本当にこの歌好きだな、寒い冬だというのに君はいつも春か秋を感じさせる

そんな、ストーリーどっかで聞いたなー

あ、昔の俺がバカで最高でガチな奴らと騒いでる、年齢なんて無視して今の俺のままあいつらを殴りにいこうかな!!

大人の俺、子供の俺、でも両方ともバカで素直らしい

そんな自分が好きで嫌いで嫌いで好きだ 

朝はくるなといってもきやがる、

あ、太陽だ眩しいな、俺もああなりたい

なんかいい気分だ今度サンセットみにいこう

沈む太陽にきっと答えがある

今はミンナに手をふろう

さよならじゃなくて、また会おうって

うわー、良く寝た

ん?頬に涙が流れてる、いい夢でもみたみたい

そーいえば、そろそろ春か今年は久しぶりに虫かご買ってがちで少年になってみようかな

santa? satan?

Wednesday 23 December 2009 at 05:53 am

俺には信じたいものがある

 俺には愛したいものがある

 俺には抱きしめたいものがある

そのために俺は生きる

今日、クリスマスに来てくれたj方

きてくれようとしてくれた方

応援してくれた人

宇宙一カッコイイ男のたまにありがとう

昨日、俺は考えてた事がある

想い出を残すのは苦しむため

想い出を残すのは悪い事

だけど、違った

まだ、確信はしてないけど

想いでは未来の自分を形成していくためなんだと思った

だから過去の自分たちに乾杯今の俺がもっと好きになるため

俺は太陽になるぜ

みんながクレタ笑顔とか言葉の一言がサンタクロースからのプレゼントだった

ありがとうサンタ、俺はお前の事好きだし信じてるぜ

小さい頃からの俺に毎年、夢や希望うぃくれてありがとう

 大人になってきてからプレゼントは目に見えないものにかわってきたけど

俺はこっちの方が好きだなー

秘密

Wednesday 16 December 2009 at 04:28 am

君の秘密はどこにいったの

 秘密にしすぎて

自分が何を秘密にしたか忘れてしまったんじゃないか

やがて君は秘密を探しに旅にでる

でも僕は知ってるよ

君の秘密は僕の中に眠ってる

僕を愛してる思いが眠ってる

それが君の秘密だろ?

もう、旅にでなくていいさ

僕がみつけてあげたんだから

じゃ、この物語はおしまいね

さようなら

未完成の思い

Wednesday 09 December 2009 at 02:32 am 愛してる時、愛してると言えない その儚さは雲に隠れた月のよう 胸の中の海にポカリと彷徨う僕の思い 恋してるから 美しくて 恋してるから 嬉しくて 恋してるから 寂しくて 恋してるから 君への愛に変わった 思いは胸の中の砂に広がり やがて涙の海を泳ぎだす クロールしても 平泳ぎしても バタフライしてみても 君が見えない どうしたら君に辿りつく 恋をしてる胸が苦しいよ 詩すら未完成で 完成しない 思いを告げれば完成が見えるのだろう

好き、ただそれだけ

Tuesday 08 December 2009 at 04:45 am 俺の親友同士が恋人のカップルがいたんだ 、この二人が大げんかしちゃってさ別れたんだよ で、俺はそんな二人の気持ちになりきってこの詩をおくってやったんだ そしたらヨリをもどしちゃてあれから三年たった今でも付き合ってやがるの 二人とも泣きながら俺にありがとうっていってくれたぜ いまでも二人はケンカしてまよった時にはこの詩を読んで初心にかえれるんだって 嬉しい話だよな、俺にどれ暗いの感性やインスピレーションがあるのかわからんが、この二人には強く心に刻まれた事は事実なんだ まあ、そこのあんたここまで読んだなら。この詩もよんでくれや では始めようか 『好き、ただそれだけ』 2005 8月 僕の流した涙 蒸発して青空にかわる 君の上空に浮かぶ青空見てる会かい? それは僕の流した君への感謝の気持ちありがとう 私の流した涙地面に染み込んで土にかわる、 あなたが踏み締めてる地面少し湿ってるでしょ? それは私が幸せだった時間本当にありがとう 上空に浮かぶ青空 湿った地面 この二つの場所の上にはいつも太陽が輝き照らしている、 太陽 青空 地面 この三つが重なりあった時また僕らは会うと誓おう、 それまで辛いけど さよなら 本当に大好きな君とだから出来る約束がしたかったんだ、

Wednesday 02 December 2009 at 04:23 am

ねえ、見て鳥が飛んでるよ

ああ、儚いね

え!?どうして?

 あんなに一生懸命に翼を羽ばたかせて飛んでいるのに美しいとか思わないの? 

ヒロシ。儚いよ、ただ飛んでるだけ、疲れるだけ、いずれ死ぬんだから

お父さん間違ってるよ、お父さんだけじゃなくて大人なんて大嫌いだ!!!

だから、僕は大人になんかなりたくないんだ

お母さんが死んだ時だって、そうだ、なんで涙すらながしてくれなかったんだよ

『エーンエーン泣』 

若かりしの想い出は涙と共に甦る、僕たちは本当の幸せを理解せずに大人になる

僕が俺になって社会にでた時に僕になる、それは自分が大人になってバカをやってきた自分に似た奴に出逢うから

きっと、俺はそいつにこうゆうだろう、ちゃんと勉強しなきゃお兄さんみたいになるぞ、、、儚い。。。

なんでしっかり頑張って俺みたいになれよっていえなかったんだろう。。。

現在のお前!!!『今からでも遅くない、キズイタだけ偉いさすが現在の俺、未来のお前は全ての夢、願望、愛情を制覇してるぞ、全部、お前の努力のおかげだ、ありがとう!!』今よりもっと未来からのメッセージが聞こえた

今日、流れ星をみたんだ 

 現在の俺から少年の俺にも暖かいメッセージが届いていますように 

 いつかのある昼の話

未来は今の自分でどうにでもなるんだね

ねえ、見て鳥がとんでるよ

ああ、美しいね