小川功治朗 - 焼けたトタン屋根の上の猫 MSG-MACINTOSH-SUPPORT/2nd|舞台は誰のもの?

About This Blog

小川功治朗

Author : 小川功治朗
TITLE : 焼けたトタン屋根の上の猫
JOB : ACTOR
BIRTH : 1979 1.14
BIRTH PLACE : ISHIKAWA

Calendar

« April 2018
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

search

Comments


XMLフィード(RSS 1.0) 
Atomフィード 

« 舞台のススメ | Home | 演出の必要性 »

舞台は誰のもの?

10 05 09 - 09:20 映画は監督のもの

舞台は俳優のもの

とよく言われている。 これは、映画は監督の編集によってなんとでもなり、俳優が下手な演技をしてもカットすることができるということだろう。

私も撮影したはいいが、実際は映ってなかったことが多々ある……。

チェッ。

舞台はというと、本番が始まってしまえば、どんなに俳優が変なことをしても、途中でとめに入るわけにもいかない。

あんなに稽古をしたのに本番でテンションが上がってしまって、メチャクチャな芝居をしてしまう俳優もたまにいる。

もし、今度私が演出する舞台でそんな輩が現れたら、

すぐ舞台に出ていってぶん殴ってやろうかしら。

……。

すいません、取り乱しました。

そんなことはしません。


舞台の演出ってものは、報われないものなのかもしれない。


で、結局何が言いたいかというと、

舞台は、その時間、その場所にわざわざ足を運んでくれたお客様のものだと私は思うのであります。


お客様は神様です。

三波春夫でございます。


なのでお客様、

面白いと言わないとぶん殴りますよ。

author


Trackback link:

トラックバック用URLを生成するには、JavaScriptを有効にしてください。